医療脱毛の施術に使用される機器の種類は主に医療レーザー脱毛とSHR脱毛

医療脱毛

 

美しさを求める女性にとって最大の敵の一つがムダ毛です。そこで、永久脱毛の施術を受ける女性が多くなっていますが、永久脱毛を完成させられるのは、クリニックで行われる「医療脱毛」だけです。

その理由は、永久脱毛を完成させるには発毛システムを破壊しなければならないからです。発毛システムを破壊することは人の身体に傷を入れる行為になり、人の身体に傷を入れられるのは資格を持った医師や看護師のいるクリニックにしか認められていません。

ところで、クリニックで行われる医療脱毛の種類としては従来、医療レーザー脱毛が主体になっていましたが、近年では新たにSHR脱毛が行われるようになっています。

 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛というのは、脱毛する部位に照射したレーザーの光が毛に含まれる黒いメラニン色素に反応して強い熱を帯びます。その熱でもって毛根にある毛乳頭や毛母細胞を破壊することで、二度と毛が生えてこないようにします。

なお、レーザーが血液の中にあるヘモグロビンにまで反応して熱を出しては危険なため、メラニン色素にしか反応しない波長(700~800nm)の光が利用されています。

施術の方法としては、肌にハンドピース(照射口)を当て、パチッとレーザーを照射します。ハンドピースを次々に隣へ移動させて部位全体のムダ毛を脱毛していきます。エネルギーの強いレーザーを当てるので、輪ゴムで軽く弾かれたような痛みを感じます。レーザーの光は一方向にピンポイントで照射されるため、狭い部位でも脱毛ができます。また、ピンポイントで狙うために威力が非常に高く、毛が毛根からポロポロと抜け落ちてきます。

 

医療レーザーの光の種類

 

医療レーザーの光は主に以下の2種類があります。

1.アレキサンドライトレーザー

古くから広く使用されているレーザーであり、太い毛の脱毛に適しています。黒いメラニン色素に反応するため、色黒の肌には使えず、また色の薄い産毛には効果が現れません。なお、アレキサンドライトレーザーは元々、シミやあざの治療に使われてきたものです。

2.ダイオードレーザー

アレキサンドライトレーザーより熱量が若干弱くなっています。産毛にも効果を発揮でき、肌の色の影響も受けにくくなっています。

 

SHR脱毛

主な医療脱毛というと、過去医療レーザー脱毛の1種類だけでしたが、新たに加わったのがSHR脱毛(Super Hair Removable、スーパーヘアリムーバブル)です。SHR脱毛も従来の医療レーザー脱毛と同じように、脱毛したい部位に光を当てることに変わりはありませんが、当てる目標が異なっています。

医療レーザー脱毛ではターゲットを毛根としていましたが、SHR脱毛は毛根ではなく、毛穴の内側にある毛包に接している「バルジ領域」をターゲットにしています。
バルジ領域では毛の素になる発毛因子が生成されています。そのバルジ領域に少しずつ光の熱を与えていくと、蓄積された熱によってバルジ領域がダメージを受け、発毛因子が生成できなくなります。このように、熱を溜めていくシステムであることから、SHR脱毛は「蓄熱式脱毛」とも呼ばれます。

毛根が毛を作る製造工場なら、バルジ領域は毛の材料の供給元と言えます。製造工場を破壊しなくても、材料を絶てば毛が作れなくなります。なお、SHR脱毛で使用される光はダイオードレーザーです。

 

SHR脱毛のメリット

 

SHR脱毛が医療レーザー脱毛より優れている点として以下が挙げられます。

1.痛みが小さい

医療レーザー脱毛は強い熱による痛みを感じます。SHR脱毛は皮膚に近いバルジ領域に熱を蓄積するだけなので、痛みを感じることがほとんどありません。

2.毛周期の影響を受けない

医療レーザー脱毛は成長期にある毛に含まれる黒いメラニン色素を利用します。つまり、毛が自然に抜けていく退行期や、成長が止まる休止期の毛には効果が発揮されません。従って、医療レーザー脱毛は各部位の毛の毛周期に合わせて施術のスケジュールを設定する必要があります。

一方、SHR脱毛はバルジ領域に熱を与えるだけなので、メラニン色素は関係ありません。従って、毛周期の影響を受けずにスケジュールを組めます。

3.産毛も可能

SHR脱毛はメラニン色素を利用しないため、色の薄い産毛や白髪の脱毛も可能です。

4.施術時間の短縮化

医療レーザー脱毛は一点に集中して光を照射するため、全身脱毛だと施術時間が2~3時間に及びます。一方、SHR脱毛の光は10秒間に約1,000本もの毛に照射できるため、1時間程度の施術で終了します。

5.色黒の肌も施術可能

医療レーザー脱毛の場合、メラニン色素の分泌によって黒く日焼けした肌や黒ずんだ肌に施術すると、肌を痛めて炎症を起こす危険性があります。SHR脱毛はメラニン色素の影響を受けないため、日焼けした肌や黒味がかったデリケートゾーンでも施術が可能です。

 

まとめ

医療レーザー脱毛とSHR脱毛では特徴が異なります。どちらの施術が適しているのかは利用者のムダ毛の状態や毛の質、肌の質などによって変わります。まずは、クリニックでカウンセリングを受け、それから決めるのが得策です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました