クリニックやサロンで受けられる顔脱毛の種類

脱毛基礎知識

顔は肌がデリケートな部位だけに脱毛方法も限られているように思いがちだが、美容クリニックや脱毛サロンで受けられる顔脱毛の種類は意外と多いものです。顔脱毛の種類ごとに脱毛効果や施術に要する時間・痛み・料金などが異なるため、それぞれの特徴とメリット・デメリットを知っておくことが大切です。顔のムダ毛をなくすにはどのような方法があるのか知りたい人に向けて、現在クリニックやサロンで行われている顔脱毛の種類について解説します。

顔脱毛の種類(1)ニードル脱毛

顔を脱毛する方法の中で永久脱毛の効果が最も高いのは、針脱毛や美容電気脱毛とも呼ばれるニードル脱毛です。ニードル脱毛は専用の細い針を1本1本の毛穴に刺して電流を流し、発生した熱で毛根を焼いてムダ毛を二度と生えなくさせる方法です。そのためニードル脱毛では痛みの発生が避けられず、痛みの強さは男性でも涙が出るほどだと言われています。ニードル脱毛は1本ずつ脱毛していく方法だけに時間がかかり、費用はどうしても高額になりがちです。
そうしたデメリットはあるもののニードル脱毛は顔脱毛の効果が最も高く、後述するレーザー脱毛や光脱毛では原理的に難しい白髪の脱毛も可能になってきます。男性のヒゲ脱毛にも高い効果を発揮するニードル脱毛は高出力の高周波電流を扱う上に麻酔を用いるのが一般的のため、医療機関に該当する美容クリニックでのみ受けられる脱毛方法です。

顔脱毛の種類(2)レーザー脱毛

クリニックで受けられる脱毛方法として広く普及しているレーザー脱毛は顔脱毛にも効果的で、針の代わりにレーザー光線を使用するのが特徴です。ムダ毛が生える元となる毛根にダメージを与えて毛が生えないようにさせるという点では、レーザー脱毛もニードル脱毛と共通しています。毛根のメラニン色素と反応する波長のレーザー光をピンポイントに照射させるレーザー脱毛は、ニードル脱毛ほど痛みが強いわけではありません。それでも輪ゴムで弾かれた程度の痛みは発生しますが、レーザーで顔脱毛を行う際にも麻酔を使用することで痛み軽減が可能です。
レーザー脱毛には使用する波長の違いによってアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、YAGレーザーといった種類があります。ダイオードレーザー脱毛機には熱破壊式と蓄熱式の2種類があり、蓄熱式は顔の産毛脱毛に効果的です。波長の長いレーザー光を使用するYAGレーザーは日焼けした肌でも脱毛可能な方法で、男性の濃いヒゲを脱毛するのに向いています。いずれの方式でもレーザー脱毛はサロンの光脱毛より効果が高く、脱毛に要する回数が少なく済むという点もメリットの1つです。

顔脱毛の種類(3)光脱毛

脱毛サロンで使用される方式として主流となっている光脱毛も、原理的にはレーザー脱毛とよく似ています。レーザー光よりも広範囲に照射できる低出力の光を使って毛根にダメージを与え、ムダ毛の脱落を促すのが光脱毛の基本原理です。光脱毛は医療脱毛より痛みの少ない点が特徴ですが、脱毛完了までに要する回数はレーザー脱毛より多くなります。
光脱毛にもジェルを使わないIPL脱毛や除毛作用のあるジェルを塗った上から光を照射させるSSC脱毛など、いろいろな種類があります。SHR脱毛は弱い光を連続的に照射させて毛根よりも浅い領域の毛包にダメージを与える方式で、メラニン色素の薄い顔の産毛も脱毛できる方法として人気上昇中です。
レーザー脱毛と大半の光脱毛は成長期の毛に含まれるメラニン色素に光を当てて熱を発生させる仕組みとなっており、普通は休止期の状態にある毛に作用しません。ハイパースキン脱毛は低温の光を照射させて休止期の毛に作用させる最新の光脱毛方式で、「痛くない脱毛」として注目されています。
ちなみに家庭用脱毛器の中にはレーザーを使った商品や熱線を使ってムダ毛を焼き切るサーミコン方式の商品も存在しますが、人気を集めているのは脱毛サロンのIPL方式と同じ光脱毛の原理を使った商品です。家庭用脱毛器と脱毛サロンで使われる業務用脱毛器では、脱毛効果を大きく左右する出力性能が異なります。

顔脱毛の種類(4)ワックス脱毛

ハチミツや砂糖を主成分とするワックスを脱毛したい部位に塗ってシートを貼り、それを剥がすことでムダ毛を除去するのがワックス脱毛です。ワックス脱毛はムダ毛を自己処理する方法としてもよく利用されていますが、脱毛サロンで施術を受ければ自分で手の届きにくい部位も脱毛することができます。
メラニン色素の薄い毛の脱毛を苦手としているレーザー脱毛や光脱毛と比べ、ワックス脱毛は顔の細かい産毛もきれいに取れるのが特徴です。ワックス脱毛はムダ毛と同時に古い角質も除去できるため、顔の美肌効果も得られます。一方でワックス脱毛はシートを剥がす際に毛が一気に抜けるためある程度の痛みを伴う上に、永久脱毛効果が得られるわけではない点には注意が必要です。

まとめ

顔のムダ毛を処理する方法としてはカミソリやシェーバーを使って毛を剃るやり方や毛抜きを使って抜くやり方もありますが、いずれも効果は一時的のため脱毛ではなく除毛に分類される方法です。クリニックやサロンで受けられる脱毛には以上のように数多くの種類が見られる中で、永久脱毛に近づく効果としてはニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、ワックス脱毛の順に高くなっています。脱毛効果が高い方法ほど強い痛みを伴いますので、痛みにどれくらいまで耐えられるかという点が費用とともに顔脱毛の手段を選ぶ際の決め手となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました