脱毛方法おすすめは?施術の種類・費用・完了までにかかる平均日数

脱毛サロン
参考:https://www.photo-ac.com/

脱毛を始めるなら、なるべくなら自分に合った脱毛方法を選びたいですよね。脱毛方法にはいろいろな種類がありますが、施術の内容や費用によって脱毛期間は異なります。
ここでは、脱毛サロンで行われている脱毛方法について説明します。
サロンで受けられる脱毛には大きくわけて3種類があります。その種類をあらかじめ知っておき、自分に合っている脱毛方法で脱毛にのぞみましょう。
脱毛方法の種類は、以下の3つです。
・SHR脱毛
・SSC脱毛
・IPL脱毛
まずは、これらの脱毛方法について解説していきます。

SSC脱毛の特徴

光脱毛に新たな新技術をプラスしたのがSSC方式脱毛です。通常の光脱毛に加え、抑毛効果のある専用のジェルを塗布することで、相乗効果を得ることができます。痛みが少ないだけでなく、脱毛期間を短くできるというメリットがあります。
SSC方式の脱毛の手順は基本的にはレーザー脱毛と同じものになります。あらかじめシェービングしてある肌に、専用ジェルを塗り、光の照射を行っていきます。
SSC方式でワキの脱毛をした場合は、1~3万円が目安になります。
ただ、ワキは人気の脱毛部位であるため、各社がキャンペーンを開催している場合もあります。そういった機会にはワンコインで脱毛できるケースも多くあります。
SSC方式でワキ脱毛を始めると、平均して12~18回の脱毛回数が必要になります。
通常の光脱毛では、2~3か月ごとの脱毛ペースとなるので、2年間はかかります。一方、SSC方式なら、最短2週間でサロン脱毛に通うこともできるので、1年以内に脱毛が完了することも。

IPL脱毛の特徴

IPL脱毛は「インテンス(I)パルス(P)ライト(L)」を略した呼び名で、広帯域の光(IPL)を肌に当てて毛根が毛を生やすはたらきを抑え、発毛させなくする脱毛法です。光を肌に当てると毛の黒い部分(メラニン色素)に反応し、光の作用で毛根内に発生する熱が毛母細胞を弱めることで脱毛します。医療レーザー脱毛の出力を弱めたものと考えると、わかりやすいかも。
脱毛のメカニズムは医療レーザー脱毛とほぼ同一ですが、IPL脱毛機器は脱毛サロンで施術ができるよう光の出力を弱めています。そのため、痛みや肌へのダメージは医療レーザー脱毛より少なく抑えられますが、脱毛に必要な施術回数は増えてしまいます。また、皮膚の黒い部分に反応する光を使うため、ホクロやあざの部分には施術できませんし、うぶ毛や薄い毛には効果があらわれにくいというデメリットもあります(´・ω・`)
ちなみに、IPL機器はもともとエステサロンなどでの美肌トリートメントに使われていました。IPLには毛穴の開きを改善したり、顔の赤みやくすみを解消させたりする作用もあるためです。光の作用で脱毛するだけでなく、美肌効果も期待できるんですね

SHR脱毛の特徴

SHR脱毛は蓄熱・連射式の脱毛方式です。まだそれほど認知度は高くなく大手脱毛サロンでは見かけませんが、脱毛チェーンでは「ラココ」「ストラッシュ」などが採用しています。
毛根をターゲットとする脱毛方式ではなく毛根より手前にある毛包に熱を蓄積させてダメージを狙います。このため強いエネルギーを必要とせず安全性が高いです。
連射式のため施術スピードも優秀、毛周期に影響を受けないことから脱毛が早く完了します。日焼けした肌や産毛に効果を発揮するのも大きなメリットと言えます。
唯一の弱点は1秒間に10連射を可能とする故、エネルギーの大きさを維持できないこと。重ね打ちが必要な場合も多いようです。

脱毛方法を【費用】で選ぶなら、おすすめはどれ?

長期的にサロン脱毛に通う場合や全身脱毛したい場合も、費用面でお得なのはSSC方式脱毛です。費用面でサロン選びをしたい方は両方をチェックするといいでしょう。
サロンによっては回数制や月額制を導入しているところがあります。回数制は全身脱毛プランだけではなく1部位だけや希望する部位だけの脱毛プランも用意されています。
月額制は一括で高額な料金を払う必要がないため、お試しで始めてみたい方や本当に効果が表れるかどうか不安という方にもおすすめです。
各サロンの脱毛プランや制度、料金を比較して通いやすいサロンを探してください。

脱毛方法を【かかる日数】で選ぶなら、おすすめはどれ?

できるだけ早く脱毛を終わらせたい方は、予約の取りやすいサロンを選びましょう。
無料カウンセリングは予約が取りやすくても、施術になると予約が取りづらくなるサロンもあります。
人気の高いサロンや脱毛機器の台数が少ないサロン脱毛で起こりがちなので、事前に口コミで予約の取りやすさをチェックしてください。
かかる日数が少なくて、通う頻度も少ない脱毛方法がいい方は、レーザー脱毛を検討してみましょう。
SSC方式脱毛と同じくかかる日数は1年ほどですが、計6回で施術が終わるため、通う頻度は2~3か月に1回です。
SSC方式脱毛より料金は高額ですが、多少お金がかかっても通う頻度を減らしたい方にはぴったりです。

まとめ

脱毛とひとことで言っても、脱毛方法にはさまざまな種類があります。
それぞれの脱毛方法の効果だけでなく、脱毛期間や費用なども総合的にみて、自分に合った脱毛方法を選ぶようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました