脱毛の施術を受ける前にシェービングを行う理由と自己処理での注意点

脱毛基礎知識

一昔前であればムダ毛と言えば女性特有の悩みと言われていましたが、時代の移り変わりの中で身だしなみの一環として脱毛を行う男性も増えています。この脱毛をするに当たって欠かすことのできない準備がシェービングです。そこで今回は、脱毛の前のシェービングの必要性や行う上での注意点について詳しく解説していきます。

脱毛前のシェービング作業が必要な理由

冒頭でも述べたようにセルフ、クリニックの利用に関わらず脱毛をする前には必ず下準備としてシェービングを行う必要があります。しかし、脱毛未経験の人はもちろん、実際に経験をしている人の中にもその理由について知らない人は少なくありません。
シェービングが必須とされる2つあって、その一つが脱毛効果への影響です。一口に脱毛の施術と言っても使用する機器によって若干の違いはありますが、比較的多くの人が利用する光脱毛は照射される光で毛根にダメージを与えて毛を取り除く仕組みとなっています。事前のシェービングを行わないでいると光が毛根まで届かずに本来の効果を発揮することができません。
そして脱毛効果以上に重要となるのが肌トラブルです。光脱毛は毛に含まれるメラニン色素に反応する特性があります。そのため、伸びっ放しの状態の毛に照射してしまうと必要以上に熱がこもってしまって、肌が弱い人などは火傷をしてしまうこともあります。このように、シェービングは安全に施術を受けるために必要となるのです。

自分でシェービングを行う場合の正しいやり方

クリニックによっては施術前にシェービングを行ってくれる所もありますが、別途料金を請求されるケースは少なくありません。そのため、事前に自分で行っておくことが費用を抑えるポイントになります。
とはいえ、シェービングは適当に行ってしまうと肌を痛めてしまうこともあるので正しい手順で行わなければいけません。基本は毛の流れに沿って動かすことです。流れに逆らってしまうと肌に余計なダメージを与えてしまうだけでなく、剃り残しの原因にもなります。毛の流れは部位によって異なるので、必ず最初に確認しなくてはいけません。
足や腕などは自分で簡単にできますが、頭を悩ませるのが背中などの手の届きづらい部位や女性のデリケートゾーンです。これらの部位は無理に行うと体を痛めたり肌を傷つけてしまうため、自分で行うのが困難と感じた時はお店の人に任せるのも一つの方法と言えます。

セルフシェービングをする時の注意点

自宅で自己処理でシェービングをする場合に注意すべきポイントがいくつかあって、まず基本とも言えるのが使用する道具の選定になります。ムダ毛処理に使う道具と言うと、市販の毛抜きやカミソリを思い浮かべる人は多くいますが、これらの使用はNGです。
カミソリは簡単に広範囲の毛を剃ることができる反面、肌の角質も一緒に剥がしてしまいます。これにより、外部の刺激から肌を守るバリア機能が失われて、肌荒れを引き起こす原因となってしまうのです。
毛抜きは根元から毛を引き抜いた時の刺激によって、カミソリ以上のダメージを負ってしまう上に、毛根を取り除いてしまうことで光を照射して脱毛をする施術が受けられなくなります。シェービングをする時は肌へのダメージを最小限に抑えて毛根も残せる電気シェーバーが最適です。
自己処理のタイミングについても気をつけなくてはいけません。種類に関わらず脱毛の施術は少なからず肌に負担が掛かってしまいます。そのため、当日のシェービングは避けて、少なくとも前日までに終わらせることが大切です。

剃り残しに気が付かずに当日を迎えてしまった場合の対処法

自分でシェービングを行う上で最も注意しなくてはいけないのが剃り残しです。とはいえ、注意深く行っていても、自分の目で確認しづらい部位などは見落としてしまうこともあります。注意点でも説明したように、当日のシェービングは肌へのダメージから避けなくてはいけません。そのため、万が一当日になって剃り残しを見つけた時は、落ち着いて対処することが大切です。
いくつかある剃り残しの対処法で、基本とも言えるのが施術を受ける前に別途料金を支払って剃り残した場所をシェービングしてもらう方法になります。トータル費用は高くなりますが、希望通りの脱毛をすることが可能です。
費用を支払うことに抵抗を感じるのであれば、剃り残した部位は諦めてシェービングが済んでいる所だけ施術をしてもらうこともできます。

まとめ

クリニックによっては、シェービングサービス自体を取り入れずに利用者の事前の自己処理を義務付けている所もあります。こうしたクリニックでは、例え事前の予約を入れていても、シェービングが行われていないことを理由に施術を断られるケースもあるので注意が必要です。
事前のシェービングは脱毛する部位によってはある程度の時間や手間を必要としますが、面倒臭がらずにしっかりと行わなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました