脱毛へ行く際の持ち物についてのまとめについて

脱毛基礎知識

 

今回は、脱毛に行く際の持ち物について紹介していきます。
脱毛に行く際に、契約をするときには、持ち物として必要なものは色々ありますが、脱毛に通うときには、絶対にいるものというのは少ないです。持っていくと便利な物という意味合いのものは色々ありますので、脱毛の状況別に見ていきます。

初回カウンセリング時

 

脱毛に契約する場合に、まずは初回カウンセリングが行われます。ここでは脱毛に関しての説明はもちろんのこと、毛質であったり、肌質のチェック、問診といったことがじっくりと時間をかけて行われていきます。
そこで、自分が納得できるプランがあった場合や、この脱毛サロンで脱毛していきたいと思った場合は、契約するという運びになります。
ですので、初回カウンセリング時には、契約に必要なものを持っていくことをお勧めします。
もちろん改めて後日契約という場合もオッケーですので必ず持っていかなければならないということはありませんが、持っていれば、カウンセリングで納得できた際にすぐにその場で契約できるということで便利です。それでは、契約時に必要な持ち物をみていきます。

身分証明書

これは、ほとんどの脱毛サロンで契約の際に必要になってきます。運転免許証や、保険証、パスポートなどが該当してきます。もちろん理由は、本人確認をするためです。あとは、年齢の確認であったり、支払いの担保であったり、初回限定のキャンペーンなどの重複利用などのトラブルを避けるための役割もあります。
身分証明書がないと、脱毛を受けることはできません。

親権者の同意書

こちらは脱毛を受ける人が未成年である場合に必要になってきます。ですので、未成年の方はあらかじめ準備しておくことが必要です。お店のホームページなどから書類のダウンロードはできるようになっていますので、準備するようにします。また、学生の方の場合には学生証も必要になりますので、忘れないようにしましょう。

印鑑

こちらは契約時に書類に捺印するときに必須になります。カウンセリングを受けてそのまま契約する可能性がある場合には、忘れないようにしなければなりません。

現金やクレジットカード

こちらは支払いの方法によって異なってきます。自分がどのような支払いにするかによって変わりますので事前に確認しておくことが必要です。また、現金の場合は、頭金だけ収めれば契約時には大丈夫であるという場合もありますので、店舗によって異なるところではありますので、確認しておくようにしてください。

ほかのサロンの会員カード

ほかのサロンからの乗り換えなどで利用を考えている場合などにはあるとお得になります。
乗り換えの割引があるかどうかを確認してあるのであれば、持参するようにしましょう。

筆記用具

これは、メモを取る場合に必要になります。言われてことを全て頭の中に記憶しておくというのは難しいことですので、メモできるものを持っていくことをお勧めです。

2回目以降の来店、契約後

 

契約して2回目以降、いよいよ脱毛のスタートになりますが、ここでは必ずいるというものは、少ないです。まずは、会員証です。これは忘れないように持参しましょう。あとは、現金での支払いの場合は、現金を持っていくということ以外は絶対にいるものというのは特にありません。以下では持っていくと便利なものということで紹介していきます。

クレンジング

脱毛サロンは基本的にメイクをしていくのはオッケーですが、顔脱毛を行う場合には、メイクを落とす必要があります。脱毛サロンにクレンジングが用意されていない場合もありますので、用意していくと便利になります。

日焼け止め

日焼け止めは、脱毛サロンによって、オッケーの場合とダメな場合がありますので事前に確認が必要になりますが、脱毛した直後に、肌に紫外線をあびると、色素沈着や肌のかゆみが出てくる場合がありますので、対策することは大切になります。

帽子やマスクやサングラスなど

顔脱毛の際はすっぴんで施術を行うことになりますが、帰宅するときなどに、すっぴんのまま帰宅するという場合には、このような道具があると、視線を気にするという方にとっては良いです。また同時に紫外線などから肌を守ってくれる役割もありますので、一石二鳥となります。
以上、脱毛サロンに通う際に持っていくものとしての紹介をしてきましたが、脱毛サロンに通う際に必ず持っていかなければならないものは案外少ないです。

まとめ

持っていくと便利なものということでは紹介した通りいくつかありますが、お店によって許可されていないケースもありますので、事前に確認しておくことは必要になります。
脱毛を行うと、どうしても肌トラブルを心配する方は多いです。ですので、少しでも肌トラブルを回避できるように、肌のケアであったり、肌を守っていくものを準備して、万全の状態で脱毛サロンに通うことが必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました