最近注目のトレンドワード、「介護脱毛」とは?

脱毛基礎知識

 

若い世代で一般的なものとなっているアンダーヘアの脱毛ですが、ここ最近、40代以降の世代にも注目を集めるようになってきています。
若い世代にとってのアンダーヘアの脱毛目的は、水着や下着を着たときに陰毛が気にならないようにするためがほとんどです。
一方で、40代以降の世代にとってのアンダーヘアの脱毛は、将来自分が介護を受ける側となるときのことを考えてのもので、別名「介護脱毛」とも呼ばれています。
介護と脱毛に、どのような関係があるのでしょうか。
今日はこの「介護脱毛」についてまとめていきます。

介護現場で直面する、排泄介助とアンダーヘアの密接な関連性

高齢化社会となり、全国各地に老人ホームなどの老人施設が増えてきました。
訪問看護を取り入れて、自宅で親を介護している方も多くなっています。
自分で好き勝手に動くことができ、排泄の世話を受けることもなく、好きな時に好きなだけシャワーやお風呂につかれて、トイレのたびにウォシュレットを使うことができる世代と違い、介護が必要な方はこういった自由が叶いにくい現状にあります。
介護が必要な方は、その介護の程度に個人差はあれども、排泄やお風呂に誰かの力を必要とします。
お顔や髪の毛など、目に見える部分をキレイに保つことは難しくないかも知れませんが、陰部は見えにくくデリケートな場所なので、じっくり観察して拭いたり洗ったりしにくい場所です。
例えば、手の甲についた汚れは、石鹸で簡単に落ちやすいです。
理由は、手の甲は体の中で体毛が比較的少ない、もしくはほとんど体毛がない場所なので、石鹸が皮膚になじみやすいし、洗い流しやすいからです。
一方で、陰部についた汚れは、石鹸で簡単には落としきれません。
理由は、陰部にあるアンダーヘアの存在です。
アンダーヘアの存在は石鹸が皮膚になじみにくい原因でもあり、特にアンダーヘアが密集している部分は汚れがヘアにからまり、とれにくく洗い流しにくいです。
失禁対策におむつを使っている方の陰部は蒸れやすく、拭ききれなかった水分でさらに蒸れやすくなります。
蒸れに加えて、汚れの落としにくさも加わり不快なにおいを生じがちです。
さらに、陰部を清潔に保てないと、尿の出口から細菌が尿の通り道へ逆流し、発熱などの尿路感染症を引き起こす可能性もあります。

介護脱毛に関心を持つきっかけは、身内の介護

40代に入った世代の親の年齢層は70代前後が多く、親の病気などをきっかけに介護問題に直面する世代でもあります。
排泄のお手伝いをするたびにちゃんと拭いて汚れを落としているつもりでも、落としきれなかった汚れが不快なにおいとなってしまいます。
ウォシュレットを毎回使っている方でも、汚れはおしりのヒダになっている部分にたまりやすいので、温水をただおしりの表面に当てているだけでは汚れは落ち切りません。
においの存在は、介護する側もされる側もとても切ないものです。

介護脱毛で、排泄時の負担を大幅に軽減できる理由

介護脱毛でアンダーヘアを少なくすると、排泄時の負担が大幅に軽減できます。
ヘアが少ないとその分陰部が洗いやすく、なおかつ拭きやすいからです。
ヘアに排泄物がからみつくこともなく、拭き残しのない清潔な陰部を保つことができます。
陰部中央は粘膜なので、普通の皮膚以上にちょっとした刺激で傷つきやすい場所です。
汚れが取れないと何度もトイレットペーパーやおしりふきで拭くと、それが刺激となりただれてしまうこともありますし、必要以上にトイレットペーパーを使ってしまいがちです。
介護する側は、排泄のお手伝いをする際に自分につかまってもらうことが多く、足腰に負担がかかりがちです。
また、介護される側も、支えてもらいながらのお手伝いは安定感がなく、転んでしまわないかと不安になります。
介護脱毛を行うと排泄のお手伝いの時間短縮にもつながります。
介護する側もされる側も負担が軽くなりますし、トイレットペーパーなどの消耗品を使う量が少なくなり、嫌なにおいを少なくできます。

介護脱毛は、アンダーヘアが黒いうちに行う必要あり

年齢を重ねるうちに黒髪が白髪に変化するように、アンダーヘアも黒毛から白毛に変化します。
介護脱毛は、アンダーヘアが黒いうちに行わないと効果を得ることができません。
理由は、脱毛サロンや脱毛クリニックで行う脱毛方法は、黒毛にあるメラニンという部分をターゲットとして行うものだからです。
これはアンダーヘアに限ったことではなく、ワキの下の毛や手足に生えるムダ毛など、体に生える毛の全てにおいて共通のことです。
メラニンがない白毛に脱毛を行っても、ターゲットが存在しないため脱毛効果は得られません。

介護脱毛は、脱毛サロンか脱毛クリニックで施術可能

介護脱毛は、脱毛を行っているサロンもしくはクリニックで施術可能です。
ここ最近で、脱毛関連のお店の広告が一気に増えてきました。
サロンとクリニックの違いは、医療的処置が受けられるか受けられないかの違いです。
サロンでの脱毛は、一般的にサロン独自で脱毛に関する勉強をしてきたテクニシャンが行います。
一方でクリニックでの脱毛は、医師や看護師といった医療系の国家資格を持った人達がチームとなり行います。
脱毛方法も、サロンでは光脱毛という弱い力で行う方法が一般的ですが、クリニックではレーザーなどを用いて行います。
かかる費用はサロンのほうがお得です。
医療処置となるクリニックの脱毛は保険がきかないので高額となります。
そのぶん、サロンよりもクリニックのほうが通う回数が少なく、比較的短い期間で脱毛が可能です。

まとめ

介護脱毛についてまとめました。
今後高齢化がますます進むことが分かっている現代で、自分が介護される側となったときのことをあれこれ考えてしまう方が多いのは当然です。
少しでも、気持ち楽に介護を受けることができるよう、できる範囲で対策を取っておくことに無駄はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました