VIO、自己処理はもう卒業!プロの手で脱毛して綺麗な仕上がりに!

脱毛基礎知識

まだまだ露出の多い季節、ムダ毛処理が欠かせませんね。
ところで、VIOの毛の処理って、どうしていますか?
場所が場所なだけに、脱毛サロンなどに行って人にやってもらうのって、少し抵抗がありますよね。
そもそもあまり人に見られない部分だし、放置してるって人もいるのではないでしょうか。
しかし、VIOはデリケートな部分。自己処理を続けていると、思わぬトラブルに遭うことも…!
今回はVIOの脱毛について、そのメリットなどまとめてみました。

VIOとは?各部位と脱毛するメリット

VIOは、アンダーヘアの生えるデリケートゾーンの部分を言います。
Vラインは両足の付け根の辺りの部分を言います。Vラインの脱毛をすることによって、アンダーヘアが整い、綺麗になります。
また、水着などを着る場合に毛がはみ出る心配がなくなり、プールや海などをより楽しめるようになります。恋人とのラブタイムで、下着からはみ出ていたりなどの恥ずかしいアクシデントを防ぐこともできますね。
IラインはVラインの奥にある、陰部の両側に生える毛の部分を言います。ここを脱毛することによって、生理の時に毛に経血がくっつくということが無くなるので、生理の時の不快感や臭いを軽減することができます。
Oラインは肛門まわりに生える毛の部分です。この部分の毛を処理することによって、Tバックなどのセクシーなランジェリーも似合うようになり、女性としての自信も持てるようになります。

VIOは普段人に見せる部分ではないですが、脱毛することによって海やプール、恋人との時間を思いっきり楽しむことができたり、生理の時少し楽になったり、コンプレックスを解消して自分に自信が持てるようになったりと、メリットがたくさんあることがわかります。

自己処理によるトラブル

VIOは、人にやってもらうのには抵抗があり、自分で処理をしている方も多いのではないでしょうか。
腕や脇は脱毛していても、VIOはやっていないという方も少なくないでしょう。
しかし、他の部位に比べてデリケートな部分であるVIOは、自己処理によるトラブルのリスクが心配されます。

剃刀による肌へのダメージ

自己処理で剃刀を使用すると、肌の表面が傷つきます。それにより、乾燥がひどくなったり、かゆみや炎症を起こしてしまうケースが考えられます。
また、剃刀で毛を剃った場合、毛はすぐに伸びるので2日後か3日後には気になってまた剃ってしまうでしょう。そうなるとどんどん肌を傷つけてしまって、肌トラブルを起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。また、剃刀で毛を処理する際に使うクリームやムーズなども、肌に合わずかゆみや炎症を引き起こしてしまうことも…。

埋没毛

埋没毛とは、皮膚の中に毛が埋もれてしまっていて、剃ったり抜いたりできない毛のことです。
肌が乾燥しているときになりやすく、剃刀で剃っても毛抜きで抜いてもなってしまうことがあります。
とくにVIOなどのデリケートゾーンは、自己処理で埋没毛になってしまうことが多いので、気をつけましょう。

毛抜き処理による毛穴の炎症

毛抜きでの処理は、毛根から毛を抜くので再び生えてくるまでが長く、剃刀で肌を切ってしまうこともないので綺麗に安全にできると思われるかもしれません。
しかし、毛抜きでの処理は毛穴の炎症を引き起こしてしまう可能性があり、また酷くなってしまうと毛嚢炎になることもあります。
毛根には毛細血管がつながっており、無理に毛を抜くとその毛細血管が傷つき、そこから炎症が広がってしまうのです。
毛根から抜くことで綺麗になると思われがちですが、毛嚢炎になると毛穴が赤く腫れて逆に汚く見えてしまうこともあるので要注意です。

VIOの施術の流れ

上で自己処理のトラブルについて述べましたが、それでもVIOの処理は恥ずかしくて抵抗がある方も多くいらっしゃると思います。
実際に、VIOの脱毛の流れについてイメージがつかめれば少しは不安も軽減するのではないでしょうか。
ここではVIOの施術の際の服装や体制、施術の流れについてまとめます。

施術時の服装と体制

クリニックやサロンによりますが、主にガウンと紙ショーツを着用します。
Vラインの時は仰向けになり、紙ショーツをずらしながら照射していきます。脱毛の程度によっては紙ショーツをとって照射することもあるようです。
大抵、太もも辺りまで毛布をかけてもらえるのですが、これだけで羞恥心が大分和らぎます。もしかけてもらえなかったら寒いのでひざ掛けを貸してほしいと言ってみましょう。
Iラインの時は仰向けの体制で照射する側の足を外側に曲げます。Oラインは肛門まわりなので、うつ伏せや横向き、四つん這いの姿勢など、クリニックやサロンによって様々です。いずれの場合も照射の際は紙ショーツをずらしながら照射していきます。Vラインに比べるとIラインやOラインの方が恥ずかしいと思うかもしれませんが、施術する人はプロで何人も見てきているので、あまり気にすることもないでしょう。

まとめ

VIOは恥ずかしいからと言って安易に自己処理をしてしまうと、思わぬトラブルにつながることがわかりましたね。
また自分では見えにくい部分なので、処理をしたつもりでも毛が残ってしまいがち。
クリニックやサロンで脱毛することによって自己処理にとるトラブルを防ぐだけでなく、ムラなく綺麗に仕上げてくれます。
今までVIOの脱毛を迷っていた方、是非プロの手で脱毛してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました